運慶meets鎌倉BUSHIDO
武家社会
四つの
お寺に行き
絵巻の謎を
解け!

鎌倉BUSHIDOすべてを巡る

四つのお寺の巡り方
四つのお寺をで巡るならこちら

10.9㎞ 移動時間25分

Googleルートマップ

四つのお寺を徒歩で巡るならこちら

15.2㎞ 移動時間3時間16分

※お参りの時間は含んでおりません。

浄楽寺まで

① JR逗子駅発バスで一本:30分

② JR逗子駅から徒歩9.1km:1時間52分

浄楽寺スタート→満昌寺→清雲寺→満願寺→衣笠城址→衣笠駅

Googleルートマップ

4カ寺をタクシーで巡るならこちら

タクシー会社連絡先

移動時間:25分
(お参りの時間は含んでおりません)

金額の目安:移動のみで3500円程度
(お参りする待機時間は加算されます)

※タクシー会社に問い合わせ


公共の乗り物で行く方はこちら

JR逗子駅―浄楽寺
(バス 移動時間30分)

Googleルートマップ

浄楽寺―満昌寺
(バス:25分(乗り換え一回)+徒歩450m:5分)

Googleルートマップ

満昌寺―清雲寺
(徒歩500m:6分)

Googleルートマップ

清雲寺―満願寺
(徒歩1.5km:20分)

Googleルートマップ

満願寺―JR衣笠駅
(徒歩2.1㎞:28分+バス:4分+徒歩550m:6分)

Googleルートマップ

※公共の乗り物ですべて巡るなら、朝一に出発することをお勧めします。

※バスの本数は少ないため、余裕を持ってお巡りください。

各お寺の予約はこちら
浄楽寺

創建は定かではないが、鎌倉時代初期の1189年に三浦一族の和田義盛夫妻が願主となって運慶が造像した本尊阿弥陀三尊像とこれに随侍する不動明王像、毘沙門天像(いずれも国重文)を代々受け継ぎ、約830年にわたり現在までその歴史を紡いでいるお寺です。

全国で30数体といわれる仏師運慶の仏像のうち5体を一度に拝観することができます。五尊とも、若々しく充実した肌と体軀、リアリティ(写実性)と精神性(仏性)をかねそなえた造形で、運慶壮年期の仏像の典型を見て取れます。新しい構造技法が見られることも注目されます。

また、浄楽寺は明治維新に活躍した「郵便の父」前島密翁の菩提寺でもあり墓参することができます。前島密翁は郵政整備に限らず、鉄道、海道、漢字撤廃等、現代につながる日本の発展に大きく貢献した人物です。

主な仏像
浄楽寺に訪れて体験解き明かされる大仏師運慶の謎

物語「壱」浄楽寺とは
物語「弐」和田義盛が侍所別当に
物語「参」和田義盛が運慶に仏像を依頼
物語「四」運慶仏に涙する和田義盛
物語「五」運慶工房
物語「六」心月輪は運慶仏の魂
物語「七」源頼朝死後の和田義盛
物語「八」和田合戦
物語「九」オークションで14億円の運慶仏
物語「十」運慶仏の像内納入品
物語「十一」阿弥陀三尊像
物語「十二」不動明王立像・毘沙門天立像

行き方

JR横須賀線「逗子駅」下車

東口改札を出て、京急バス乗り場・②番(改札出てすぐ正面)から
「大楠芦名口」・「横須賀市民病院」・「長井」「佐島マリーナ入口」・「電力中央研究所」・「湘南佐島なぎさの丘」行のいずれかに乗車

(乗車時間20分~30分)

京急バス停「浄楽寺」下車(山側へ向かって)徒歩1分


京急「逗子・葉山駅」下車

南口改札を出て
京急バス停乗り場・南口①番(セブンイレブン近く)から乗車

(乗車時間20分~30分)

京急バス停「浄楽寺」下車(山側へ向かって)徒歩1分

Googleルートマップ

浄楽寺公式サイト

満昌寺

満昌寺は鎌倉時代の1194年に三浦大介義明を開基として源頼朝が建立しました。

頼朝は、伊豆の挙兵のおりに老体を投じ文字通り命がけで鎌倉幕府を開く礎になった義明の忠心と誠を献じたのでしょう。

それから140年後に火災にあい建物はなくなってしまったが、1749年に仏心禅師が再建し、旧山号の雲龍山を改め、義明山としました。

以来、臨済宗建長寺派の禅寺として今に至っています。本堂前のサツキの大株は「頼朝手植えのツツジ」といわれています。

主な仏像
満昌寺に訪れて体験解き明かされる三浦水軍の謎

物語「壱」満昌寺とは
物語「弐」源頼朝の結婚
物語「参」源頼朝のお手植えつつじ
物語「四」源氏に味方する三浦一族
物語「五」義明の決心
物語「六」義明の覚悟
物語「七」三浦義明坐像
物語「八」三浦一族の脱出
物語「九」義明の最後
物語「十」三浦一族の名誉
物語「十一」義村が語る三浦一族

行き方

JR横須賀線「衣笠駅」下車

改札口から出て、正面の道路(角にみずほ銀行)を右折

徒歩7分(550m)

(最初の信号)「衣笠十字路」(交差点)(を渡って)右折

京急バス停乗り場「衣笠十字路」(京急バスインフォメーションセンター前)より「三崎東岡行」乗車

(乗車時間5分)

バス停「衣笠城址」下車 衣笠インター入口交差点を左折

徒歩5分(400m)で到着

Googleルートマップ

満昌寺公式サイト

満願寺

満願寺は、三浦大介義明の末子で、源義経に従って西国で転戦した佐原十郎義連の開基と伝わったお寺です。

本堂の横にある収蔵庫には、運慶工房の作と考えられる国指定重要文化財の「観音菩薩立像」、「地蔵菩薩立像」と、市指定重要有形文化財の「不動明王立像」、「毘沙門天立像」が安置されています。

本堂の左手の階段を上がった奥には、義連の墓と伝わる五輪塔があり、庭には紅白の梅や河津桜が植えられています。

主な仏像
満願寺に訪れて体験解き明かされる武家社会の謎

物語「壱」満願寺とは
物語「弐」鵯越の逆落とし
物語「参」佐原義連の弓馬術
物語「四」義連が烏帽子親になる
物語「五」女が血筋を残す
物語「六」武士の情け
物語「七」仏像へ託す願い
物語「八」観世音菩薩立像
物語「九」地蔵菩薩立像

行き方

京急「北久里浜駅」下車

京急バス停乗り場・②番(セブンイレブン前)より「大矢部三丁目行」に乗車

(乗車時間16分)

バス停「岩戸」にて下車 満願寺入口信号を右折

徒歩5分(400m)で到着

Googleルートマップ

満願寺公式サイト

清雲寺

清雲寺は、1104年に三浦義継が父・為継の供養のため建立したお寺です。

本堂背後の墓地には、為継の五輪塔を中心に為通、義継の五輪塔が並べられています。為通は三浦氏の祖で、1063年に源頼義より三浦の地を与えられ三浦を名乗り、衣笠城を築きました。

二代為継は、源義家に従い後三年の役で戦いました。

三代義継は、源義朝に仕え、大庭御厨の侵攻では、子の三浦大介義明とともに義朝に加担しました。

主な仏像
清雲寺に訪れて体験解き明かされる三浦一族の謎

物語「壱」清雲寺とは
物語「弐」木造観音菩薩坐像
物語「参」鎌倉源五郎の目から矢を抜く
物語「四」ツワモノの道
物語「五」矢除けの毘沙門天
物語「六」義村が語る三浦一族の躍進

行き方

JR横須賀線「衣笠駅」にて下車

改札口から出て、正面の道路を右折

徒歩7分(550m)

(最初の信号)「衣笠十字路」(交差点)(を渡って)右折

京急バス停乗り場「衣笠十字路」より「三崎東岡行」乗車

(乗車時間5分)

バス停「衣笠城址」下車 衣笠インター入口交差点を左折

徒歩8分(700m)

二つ目の信号右折で到着

Googleルートマップ

清雲寺公式サイト

運営情報
鎌倉武士文化財活用協議会
問い合わせ
利用規約

当WEBサイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっております。また、当WEBサイト全体も編集著作物として著作権の対象となっており、ともに各国の著作権法及び国際条約により保護されております。

当WEBサイトの内容の全部又は一部については、私的使用又は引用等著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、引用、転載複製を行うことができます。但し、「無断転載を禁じます」等の注記がある場合にはこの限りではありません。

当WEBサイトの内容の全部又は一部について、無断で改変を行うことはできません。

利用者が当WEBサイトにて提供する各種サービスをその利用規約等で定める範囲内でご利用いただく場合や、著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。ただし、学校教育機関が授業等で記事を利用する場合などに関しては原則として承諾を必要としませんが、出所は明示してください。

当WEBサイト上のコンテンツについて転載・利用をご希望の方はお問い合わせください。なお、リンクは原則として自由です。

プライバシーポリシー

【個人情報の利用目的】

当WEBサイトでは、ご意見・お問い合わせの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、これらの目的以外では利用いたしません。当WEBサイトではクッキー(Cookie)を使用しております。

クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。クッキーを無効にする方法やGoogleアドセンスに関する詳細は「広告–ポリシーと規約–Google」をご確認ください。

【アクセス解析ツールについて】

当WEBサイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにクッキー(Cookie)を使用しております。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

【お問い合わせフォームについて】

当WEBサイトへのコメントを残す際に、IP アドレスを収集しています。これは当WEBサイトの標準機能としてサポートされている機能で、スパムや荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。なお、全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となります。あらかじめご了承ください。

【免責事項】

当WEBサイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。また当WEBサイトのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。当WEBサイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。